年賀状の書き方 住所の正しい書き方をを覚えよう!

スポンサーリンク

年賀状の書き方 住所の書き方ってどうすればいいの?正しい住所の書き方を覚える!

年賀状を作る時は、基本的に気になるのは「裏面のデザイン」。

表面(住所などを書く面)は、あまり気にしませんよね。

 

でも、初めて年賀状を作るときは表面の書き方や住所の書き方が
分からない人も多いんです。

住所の書き方なんて簡単じゃないの~?と思うなかれ!

細かいところを気にし始めると、意外となやむものなんです。

 

住所の書き方に困っている人は

自分の住所は裏面と表面、どっちに書くのが正式?

相手の住所は住所は県から書くの?

番地は数字?漢数字?

 

などなど、いろんなことに困っている様子。

社会人になると上司に年賀状を出す機会が増えますから、失礼のない
書き方を知りたい、という方も多いです。

 

そこで、失礼にあたらない住所の書き方・正式な書き方について
まとめてみました。

 

基本的には考えすぎる必要はありません。

上司や目上の人に出す場合だけは少しだけ気を付けて、
マナーを見返してくださいね。

 

 

 

年賀状の住所の書き方

では、住所の書き方に迷っている方の疑問に、ひとつひとつお応えして
いきましょう。

 

 

自分の住所は裏面と表面、どっちに書くのが正式?

まずは、最も多いこの疑問から。
インターネットの質問サイトなどでも最も多いのがこの質問でした。

「自分の住所は裏面に入れてもいいの?」
この疑問を持っている人が多かったですね。

 

通常、はがきは年賀状も含めて宛名面を「表面」、白紙の面を
「裏面」と呼びます。

まず、宛先(年賀状を送る先)は、必ず裏面に記入しましょう。

送り先を裏面に入れる人は少ないと思いますが^^;
あやまって裏面に入れないように気をつけます。

 

そして、問題の自分の住所ですが

表面・裏面、どちらの面に入れても問題ありません。

正式にどちらに入れるか?と聞かれたら「表面の左下」になりますが、
目上の方や上司に送る年賀状であっても、裏面に入れても
失礼にあたることはありません。

裏面のデザインによって決めてOKです。

 

 

住所は県から書くの?

これも意外と多い疑問でした!

宛先の住所は県から書かないといけないのか?失礼にあたらないのか?
という疑問ですね。

 

郵便番号を正しく記入していれば、基本的には市から書いていても届きます。

 

特に失礼にあたる、というわけでもありませんから
ビジネス年賀状でも市からの記入でダイジョウブです。

ただ、日本には、意外と同じ名前の市が存在しています。
郵便屋さんはプロなので、間違えてほかの都市に送る・・・
なんてことはないとは思いますが。

遠くの県に送る場合は、必ず○○県から記入しておいたほうが無難です。

 

 

 

番地は数字?漢数字?

縦書きで番地を書く場合、数字が縦になるので書きづらいですし、
漢数字を使うのが正式なんじゃないの?という疑問を持つ方も。

たしかに、数字をたてにすると書きづらいですね^^;

 

しかし、アラビア数字をたてに書いても、特に相手に失礼には当たりません。

ただ、漢数字の方がおさまりが良くなりますから、縦書きの場合は
漢数字の方がおすすめ。

「四ノ五ノ一(よんのごのいち)」という風に、カタカナの「ノ」
や縦棒を挟んで漢数字で記入しましょう。

マンションの部屋も「二○四号」という風に漢数字で記入します。

 

 

 

お手本になりましたでしょうか?

住所も意外と気を使うものですよね。

でも、考えすぎなくても基本ルールを押さえておけば失礼には
なりませんし、ちゃんと相手にも届きます!

 

↑のルールを守って住所を記入してくださいね。

 

 

『エッ、10万円もキャッシュバックがされるんですか?』

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1万円予算で買える高性能プリンター特集

ページ上部へ戻る