年賀状の連名書き方 夫婦・家族・子供 苗字は各自必要?

スポンサーリンク

年賀状の書き方 夫婦連名

年賀状で、夫婦連名での書き方に悩んだことはありませんか。

単純に「夫婦の名前を書いておけば良いのでは?」
と思う方は多いでしょうが、
いざ書いて見ると疑問点は色々ありますよね。

「苗字は1つだけで良いの?」
「名前は横に並べて書いた方が良いの?縦に並べるのは駄目?」
「様は1つだけで良いの?それぞれの名前に対して、1つずつ書く必要がある?」
「夫婦の間にお子さんがいたら、お子さんも様にすべき?」

 

まずは、苗字に関しては、
縦書きであれば名前全体の一番右に、
横書きであれば一番上に1つだけ書けば大丈夫です。

次に、名前は、縦書きであれば横に並べて、
横書きであれば縦に並べて、
名前同士が同じ位置に並ぶように書きます。

そして、「様」については、
夫婦の名前それぞれに1つずつ付けます。

間違っても、
「太郎・花子・次郎様」などとはしないようにしましょう。

 


スポンサーリンク


 

最近はそこまで神経質に考えない方も多いのですが、
失礼な印象を与えてしまうこともあります。

さらに、お子さんがいるとしたら、
小さいお子さんであれば「くん」とか「ちゃん」にしてあげると
親しみやすくて良いかも知れませんね。

中学生以上のお子さんであれば、迷わずに「様」で良いでしょう。
小学生のお子さんであれば、臨機応変に考えてあげてください。

 

横書きの場合の文例としては、次のような感じです。

鈴木 太郎 様
space花子 様
space次郎 くん
space恵子 ちゃん

4人以上の大家族なら、
「鈴木家御一同様」と省略しても良いでしょう。

 

それから、受取人ではなく、
差出人を夫婦連名にしたいこともありますよね。

こういう場合には、
もちろん年賀状の表の切手の下辺りに、
宛名の時と同じような連名の書き方にすれば問題ありません。

住所の次の行に、以下のように書けば大丈夫です。

年賀状連名の書き方1

 

あるいは、家族の名前が多い場合には、
裏面に、

年賀状連名の書き方2

この様に書いても失礼にあたりません。

 

 

また、夫婦連名で年賀状の文章を書く場合には、
誰にでも使える基本的な文章だけ考えておいて、
2人で一言添えてみると良いかも知れませんね。

明けましておめでとうございます。
昨年はお世話になりました。
本年も家族共々よろしくお願い致します。

このシンプル丁寧な文章は、かなり幅広く使えます。

 

あとは、必要に応じて、
相手に対する一言のメッセージを添えれば良いだけなのですから。

一言メッセージは、
夫婦の中でも相手と特に親しい人が中心になって考えれば、
まとまりやすくなりますよね。

 

『エッ、10万円もキャッシュバックがされるんですか?』

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1万円予算で買える高性能プリンター特集

ページ上部へ戻る