年賀状2016 あけましておめでとうと一緒に入れたい一言!

スポンサーリンク

年賀状 一言 2016

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくおねがいします!

…の、後に何か一言添えたいいのだけど何んて書こうか………。

なーんて筆が止まってしまったこと、ありませんか?

さらに年賀はがきにはすでにイラストと「あけましておめでとうございます」、
「賀正」の文字がプリントされており、長年会っていない人や、
逆にいつも顔を合わせている人に向けての1枚を書くとなると……。

年賀状 一言 2016

そんな時、しゃれた挨拶や気の利いた言葉を言えたら素敵ですよね!

今回は年賀状を書くときに役に立つかもしれない^^;
さらりと使いたい「一言」をご紹介します!

2016年の年賀状を書く時、どうしても一言が浮かんでこなかったら、
ご参考にしてみてください。

 


スポンサーリンク

 

カジュアルに使える一言

カジュアルに使える一言

親しい友達へ

・新春
なんだかあっという間の1年。○○ちゃんは、どんな1年でしたか
今年もよろしくね。今度、一緒にごはん行こう^^

 

新しく知りあった人へ

・あけましておめでとうございます
旧年中は素敵なご縁をありがとうございました
またお会いできますときを楽しみにしています

 

幸せを呼ぶ一言

・すばらしい年になりますように
・よい1年になりますように
・たくさんよきことがありますように
・充実した一年になりますように
・健やかな毎日をお祈りしています
・幸せいっぱいの毎日になりますように
・心穏やかな一年をお過ごしくださいますように

参照元:お正月のお手紙、年賀状 | 手紙の書き方

あまり堅苦しくなく、気軽にツカエル一言。
ほんとにちょこっとした言葉を書き加えたいときの一文です。

 

 

 

ビジネスに使える一言

ビジネスに使える一言

会社の上司や先輩へ

「昨年は親身なご指導をいただき、ありがとうございました。」
「本年もよろしくご指導下さいますよう願い申し上げます。」
「昨年中のご厚情に心より御礼申し上げます。」
「旧年中はいろいろお世話になり有り難うございました。
本年もよろしくお願い申し上げます。」
「今年は入社○年目、これまでのご指導をさらに活かせるよう努める決意でおります。」

 

取引先へ

「旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。」
「御社のますますのご発展を祈念いたします。」
「本年もなお一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。」

参照元:年賀状・暑中見舞いドットコム

会社関係の年賀状に添える一文として適切な一言を挙げてみました。
言うまでもなく、知人へ出す年賀状の様にくだけた文章はタブーですよ。
相手・先方に決意・誠意の伝わる一言が好ましいと思います。

 

 

 

年賀状 添え書き(一言)のヒント

2016年の年賀状にどんな一言を添えようか…?
と悩んだ時には、
「以下の事を考えてみてください。」

○自分の今年の目標を書く
○自分の近況を書く
○既に決まっている事実を書く
○相手に質問してみる
○共通の話題があればそれについて自分の意見を述べてみる
○事実を客観的に述べる
○一方的に何かを勧めてみる
○ネットでの自分を紹介してみる

参照元:年賀状に手書きで一言添えるときの例文集 | 駄文と書評

この8パターンを組み合わせたり、書きつなげていけば、
まず困ることはありませんよ♪

 

最後に、、
2016年に届くあなたからの年賀状が、より素適なものになりますように!

 

『エッ、10万円もキャッシュバックがされるんですか?』

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1万円予算で買える高性能プリンター特集

ページ上部へ戻る