かもめーるをデザインキット2014で!年賀状との違いは?

スポンサーリンク

郵便局のフリーソフト「デザインキット2014」でかもめーるを作成しよう!

郵便局のホームページからダウンロードできる「デザインキット2014」

年賀状をサクサク作れるフリーソフトとして、
ここ数年で利用する人がグングン増えてきています。

デザインキットはテンプレートや素材もそろってますし、
直観的なドラッグ&ドロップでカンタンデザインできるのが魅力!

高機能なフリーソフトなので、愛用ソフトにしている人が多いですね。

 

そんなデザインキット、実は「かもめーる」のテンプレートも
充実しているんです!

かもめーる用の素材を使えば、
暑中見舞いも簡単に作成できるんですよ。

 

年賀状はデザインキットでつくっているという方は、
ぜひ暑中見舞いも作ってしまいましょう。

年賀状と同じ住所録が使用できますから、すごく便利です。

 

かもめーる用のデザインにはどんなものがあるのか?

年賀状とのつくり方の違いは?

↑こういった疑問にお答えします!

 


スポンサーリンク


 

かもめーるもデザインキット2014で!年賀状とのつくり方の違い

まず、デザインキットのバージョンを確認します。

すでにデザインキットはインストールされていると思いますが、
常に最新版にしておきましょう。

最新版かどうかは

ヘルプ > アップデート

をクリックするとわかります。

 

<年賀状との違い>

デザインキットは、デフォルトでは「年賀はがき」を選択しています。

かもめーると年賀状は宛名面がほぼ変わりないですが、
設定するハガキの種類は必ず「かもめーる」に設定しておきましょう。

設定の仕方は↓こちら

オプション>ハガキの種類を選択 をクリック

dezainkito_hagakinosyurui

かもめーるを選択

dezainkito_kamome

 

これでOKです。

あとは年賀状と作り方に違いはありません。

裏面のデザインを選び、宛名面を印刷していきます。

 

 

 

<かもめーるのデザイン>

かもめーるにも年賀状と同じく
「おすすめのテンプレート」「おすすめのパーツ」
があります。

「年賀状を作ってる時はかもめーるのパーツなんてなかったけど??」

と思った人が多いんじゃないでしょうか?

実は、デザインキットは時期によって
おすすめテンプレートなどの種類が自動的に変更されるんです。

夏の時期は、年賀状のテンプレートや素材はありません。

 

デザインキットを立ち上げるだけで自然に変化してくれるため、
自分で何かをする必要はナシ。

冬の時期になると、
次の年の干支をモチーフにしたテンプレートや素材が追加されます。

この中から好きなデザインのテンプレートや素材を選んで
自分で配置するだけでOKです。

 

かもめーるのテンプレート例はコチラ↓

 

kamome_dezainkit_tenpure2

kamome_dezainkit_tenpure1

 

素材はコチラ↓

sozai

 

年賀状と同じく、写真も素材もハイクオリティです!
写真素材なんて涼しげなものが多くていいですね~。

素材もカンタン貼り付けですから、手間いらず。

年賀状と同じように、サクサクと暑中見舞いを作っちゃいましょう♪

 

 

 

もっと便利にデザインキットを使う裏ワザ

「他のサイトのテンプレートを使いたいんだけど・・・」

デザインキットにはいろんなテンプレートや素材がそろっていますけど、
別のサイトで見つけたお気に入りのテンプレートを使いたい
という場合もありますよね?

そんな時は、ファイル>画像の読み込み
テンプレートを読み込みましょう。

kamome_dezainkit_gazou

ほとんどのテンプレートはJPEGかPNGでできていると思いますので、
問題なく読み込めるはずです。

これなら裏面をお気に入りデザインで、宛名面はデザインキット
印刷できちゃいます。

 

 

参考までに、おすすめのテンプレートサイトはこちら↓

ビビットから和風まで

kamome_dezain_bibito

 

かわいいデザイン

kamome_dezain_kawaii

 

デザインキット、夏も冬も使えてとても便利ですよね?

年賀状をデザインキットで作ったことがある人は、
宛名面が印刷できるので非常に便利です。

今年の夏はぜひデザインキットを利用して
暑中見舞いも作ってしまいましょう。

 

 

『エッ、10万円もキャッシュバックがされるんですか?』

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1万円予算で買える高性能プリンター特集

ページ上部へ戻る