「かもめーる」とは?販売期間やデザインの種類教えます♪

スポンサーリンク

かもめーるについて詳しく解説!お気に入りデザインで暑中見舞いを出そう

毎年、夏になると販売されている「かもめーる」というハガキを
知っていますか?

かもめーるは、暑中見舞いのためのハガキのこと。

夏になると離れて暮らす家族や親しい方、お世話になった方に
暑中見舞いを出す機会がありますよね。

その暑中見舞い・残暑見舞い用のはがきのことを
「かもめーる」
と言います。

いわば、年賀状の暑中見舞い版ですね。

 

では、暑中見舞い用のハガキ「かもめーる」とは?

販売期間やデザインなど、かもめーるについて
詳しくご紹介します!

今年はじめて暑中見舞いを送ってみようと思っている方、
久しぶりに暑中見舞いを送ろうかな~と考えている方。

かもめーるのこと、ぜひ知ってください!

 

 


スポンサーリンク


 

かもめーるの販売期間・デザイン

かもめーるは、1年中販売されているわけではありません。

2014年の販売期間は

2014年5月29日~8月22日(金)

 

↑この期間のみ。
夏のご挨拶用のハガキなので、この期間だけなんですね。

 

そして、かもめーるのデザインはコチラ↓

<2014年かもめーるのデザイン>

kamome_fujisan

kamome_kingyo

kamome_inku

 

絵入りのもの・無地のものがあります。

パソコンで、自分で暑中見舞いを作りたいという場合は
無地でインクジェットのものを。

絵入りのものは上品で清楚なデザインなので、
目上の方やお世話になった恩師などに出す時に適しています。

 

そして、かもめーるの購入方法は以下の二つ。

 

<切手ショップ>

郵便局のオンラインショップ↓

「切手ショップ」

「切手ショップ」は郵便局のオンラインショップ。
ここでかもめーるを手に入れることができます。

切手なども一緒に販売されているのでちょっとわかりづらいですが^^;、
「26夏葉書」とはいっている商品がかもめーるです。

この切手ショップで購入できる期間は
2014年5月29日(木)9:00 から同年8月13日(水)18:00まで。

5,000円以上で送料無料で購入できます。
上記の販売期間よりも若干短いですのでご注意を!

 

 

<近くの郵便局>

自宅近くの郵便局であれば、直接行けば必ず購入できます。
また、電話注文で自宅に届けてもらうことも可能です。

近くに郵便局がないという方は、電話注文するのがおすすめです。

近くの郵便局検索はコチラ↓

郵便局をさがす

 

「コンビニには売ってないの?」という声が聞こえてきそうですが、
残念ながらコンビニにはおいてある店舗とおいてない店舗があり、
確実に買えるわけではありません。

かもめーるを購入する場合は、郵便局か、ウェブで!ですね。

 

かもめーるって普通のハガキとどう違うの?

それにしても、かもめーるって普通のハガキとどう違うのでしょう?

暑中見舞いを出すだけなら、
普通の官製はがきでもよさそうですもんね。

 

実は、かもめーるには年賀状と同じ「くじ」が付いています。
抽選に当選すると、年賀状と同じく景品がもらえるんです!

当たる景品は

A賞 現金5万円(10万本に1本)

B賞 切手シート(1,000本に2本)

 

この2種類です。
現金が当たる可能性があるなんて、私も知りませんでした Σ(゚Д゚;)

ちなみに、くじの抽選日は2014年9月1日(月)。
商品の引き換え期間は2014年9月2日(火)~2015年3月2日(月)です。

 

かもめーるで暑中見舞いを出せば、
こんな景品があたる楽しみもいっしょに添えて出すことができるんです。

 

普通の官製はがきで出すよりも、なにかひとつ、楽しみを添えて出せる。

 

かもめーるはそんな「もらってうれしい」ハガキなんです。

お世話になった方への挨拶に、ちょっとした特典が付くとしたら
うれしいですもんね。

暑中見舞いを出すなら、かもめーるで出すのが断然おすすめですよ。

 

 

 

暑中見舞いはしばらく会っていない方やお世話になった方へ
挨拶するのに絶好の機会です。

突然ハガキでご挨拶なんて・・・と躊躇する必要はありません!

結婚や出産、進学など、自分の近況が大きく変わった時なども
相手にお知らせするのに暑中見舞いがピッタリです。

ご無沙汰している方にこそ、自分の近況を伝え、
暑い夏を過ごす相手を気遣う一言を送ってみましょう!

 

 

『エッ、10万円もキャッシュバックがされるんですか?』

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1万円予算で買える高性能プリンター特集

ページ上部へ戻る