年賀状の書き方 印象アップにはこの一言が効果的♪

スポンサーリンク

一言だけで印象を変える!~もらってうれしい年賀状の書き方~

『あけましておめでとうございます。

昨年はお世話になりました。

今年もよろしくお願いいたします。』・・・・

 

↑こんな年賀状をもらうと、
「なんだかなー(-_-;)」という気持ちになったりしませんか?

忙しい時間を割いて年賀状を送ってくれたのはすごくうれしい。
でも、定型文を書いただけの年賀状って物足りないというか・・・

自分の気持ちを自分の言葉で書いてくれるとうれしいのになぁ・・・

年賀状は基本的に年始の挨拶ですけど、
あまりにも紋切型の挨拶だけだと、もらったほうはちょっとだけ
がっかりするものですよね。

 

なので、年賀状は挨拶文とともに、
自分の言葉で相手に対するメッセージを書き込むのがベスト!

その一文を入れるかどうかであなたの印象がぐっと変わってきます。

 

でも、どんな一文がいいの?

上司に自分の気持ちを言うのって難しい・・・

 

そんな方は、ぜひ↓こちらを参考にどうぞ!

 

 

 

相手の心にグッとくる!年賀状の一言集

一般的に使う一言

皆様のますますのご活躍を期待しております。

新たな家族が増えました!

皆様にとって、幸多き年となりますように・・・

 

短くても相手への気遣いや自分の近況を入れるのが一般的な一言です。

親しい人には「今度○○行こうね!」などという一言でも
構いません。

相手のことを意識してますよ、ということを伝えましょう。

 

 

 

上司や目上の場合

今年は入社してから早○年目となります。
今まで教えていただいた○○のスキルをさらに行かせるよう、
努めてまいります。

 

昨年は親身なご指導・ご鞭撻をいただき、ありがとうございました。
お言葉を胸に今年も頑張っていく所存です。

 

旧年中に学んだことを活かし、
今年もさらに向上していきたいと思っております。

 

会社の上司や目上の方には、少し固めの言葉になってもいいので、
昨年のお礼と今年の決意を入れておきましょう。

「固い言葉で一言書いても、伝わらないんじゃ・・・」なんて
思う必要はありません!

新年のあいさつだけの年賀状より、ぐっと心に響く年賀状になりますよ。

 

 

 

友人・同僚の場合

今年も良き1年になるといいですね!
くれぐれも体を壊さないように気を付けて。

 

今年始まる新たなプロジェクト成功に向けて、
お互い切磋琢磨しつつまい進していきましょう!

 

お子様はお元気ですか?
皆様がお変わりなく過ごせますように!

 

友人や同僚にはくだけた表現でもダイジョウブ。
相手を気遣う言葉を入れると、もらった人がうれしく感じます。

今頑張っていることや、今からやりたいことなどを書いてもいいですね。

めったに会えない人には、お変わりないですか?の一言を添えましょう。

 

 

一言書き添えるだけで全然印象が違ってきます。
いまはパソコンで年賀状を作る人がほとんどだと思いますけど、
できれば書き添えは手書きで!

手書きの一文があると目に留まりやすいですし、
すごくうれしいものですよ(*^_^*)

今年の年賀状も心のこもった年賀状にしてくださいね!

 

 

『エッ、10万円もキャッシュバックがされるんですか?』

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1万円予算で買える高性能プリンター特集

ページ上部へ戻る