年賀状を上司に贈る時の文例 ~尊敬と決意のこもった年賀状~

スポンサーリンク

年賀状を上司に贈る時の文例 ~もらってうれしい年賀状の作り方は?~

12月になると年賀状作りをポチポチ・・・□_ヾ(・_・ )

友人・親戚・会社の上司などなど、けっこうな枚数になります。

私は、上司には友人あてとは別の年賀状を出してます。
イラスト満載の年賀状は出しづらいですからね^^;

 

しかし、上司宛の年賀状には何を書けばいいのやら・・・

毎年、けっこう迷います。

昨年はお世話になりました。
今年も業務に励み・・・・

なんていう定型文だけだと「とりあえず出しただけだな」と
思われてしまいます。

印刷しただけの年賀状もNG。

受け取ったほうは、差出人がどんな気持ちで出したのかが
意外と分かるものなんですよ^^;

 

そこで、会社の上司宛にピッタリな文例を集めてみました。

失礼にならず、自分の気持ちをさりげなく入れつつ、
新年のあいさつにふさわしい文。

そんな文章を集めています。

毎年、上司に年賀状を出すのがおっくうで・・・

そんな方に参考にしていただきたいです!

 

 

 

上司宛の年賀状にピッタリな文例

まずは基本形を押さえましょう。

 

旧年中は大変お世話になり、心より感謝申し上げます。
本年もよりいっそうのご指導を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

これが基本形ですね。
ちょっと堅苦しいですが、かなり年上の上司などは
これだけでもOKだったりします。

少し自分の状況を報告するような感じが↓こちら

 

今年で入社○年目、後輩も増えてまいります。
自分の立場を自覚し、後輩たちの手本となるよう
業務に励む所存です。
本年もよりいっそうのご指導の程をお願い申し上げます。

 

昨年は、さまざまな場面でお力添えをいただき、ありがとうございました
○○プロジェクトを無事終了することができましたのは
△△様のおかげだと思っております。
本年も引き続きご指導・お力添えくださいますよう、
よろしくお願い申し上げます。

 

どうでしょう?
ぐっと臨場感のある文章になってきましたよね?

具体的に上司になにを感謝していて、今年はどんなことを頑張るのか、
そんな自分の思いを入れると◎。

上司の心に届く年賀状になります。

 

 

また、プライベートなことを年賀状に書いても構いません。

結婚や出産など、喜ばしいことがあった時は
ぜひ上司にも報告しましょう。

 

昨年秋に待望の一子を授かりました。
今年からは親としての責任を果たすべく、業務にもより一層励んでいきます。
本年もよりいっそうのご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

 

親としての決意や子供を大事にする姿は
上司から見ても非常に好ましいものです。

慶事は上司にも改めて報告を。
ゼッタイに喜んでくれます!

 

 

そして、年の近い先輩には少しだけくだけた文章で送りましょう。
あまりにも硬すぎると、相手との距離が開いた感じがしてしまうので
適度にくだけた文章がイチバンおすすめです。

 

昨年は大変お世話になりました。
今年も何かとご面倒をおかけするかと思いますが、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

私は今年こそ、業務と同じぐらいダイエットに励むつもりです!
スリム体系を目指して、業務もダイエットもがんばります。
今年もよろしくお願いいたします。

 

少し距離が近づいた感じがしますよね?

上司といっても、相手の年や親しさに合わせて
文章を変えたほうがいいんです。

そのほうが「もらってうれしい年賀状」になりますからね。

 

 

 

上司への文章、思いつきましたか?

↑この文章を自分に当てはめて考えれば
絶対にいい文章が出てくるはず!

上司といっても硬くなりすぎる必要はありませんから。

ぜひ、もらってうれしい年賀状を作って送ってくださいね。

 

 

『エッ、10万円もキャッシュバックがされるんですか?』

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1万円予算で買える高性能プリンター特集

ページ上部へ戻る