年賀状の文例 会社の先輩に出すならどんな文章がイイの?

スポンサーリンク

関係によって違ってくる先輩宛の年賀状 文例を見て自分なりの文章を作ろう!

年賀状作りをし始める12月。

「あの人とあの人に出して・・・」と数えていると、

意外とたくさんの人に出していることに驚かされます。

友達・会社の先輩・同僚・恩師などなど、いろんな人に
出すのが年賀状ですよね。

友人だけなら楽なんですけど^^;

1年の始めの挨拶ですし、年賀状だけのやり取りの人もいます。
恩師や会社の人たちには礼儀としても出しておきたいところです。

 

(ーー゛)「会社の先輩ってどこまで出すの?」

自分が直接かかわった人には最低でも出しましょう!

私は同じ課の人たちにはゼッタイ出してましたし、
関わったことのある先輩には今でも出したりしてますよ。

先輩って意外と出しにくかったりしますけど、
あまり考えすぎず、上司に出す感じで出せば大丈夫です。

 

でも、先輩って気を使うものですよね。

同僚や友人ほど親しい感じではダメ。
でも、会社の上司ほど硬い感じでなくてもいい。

それが先輩宛の文章の作り方のコツです。

 

会社の先輩へ年賀状を出す方のために、
文例を集めてみました!

「あの先輩には何を書こうかな・・・」

そんな風に迷ったら、ぜひこの中からどうぞ↓

 

 

 

先輩宛の年賀状文例集

直接かかわりのある先輩には、必ず昨年のお礼を入れましょう。

プロジェクトが一緒だったりした場合も同様に。

あんまりしゃべったことがなくても、仕事に置いては
意外と力を借りていたりするものです。

 

昨年は、多大なるお力添えをいただき、ありがとうございました。

おかげさまで○○プロジェクトを無事終了することができました。
これも△△先輩のおかげと思っております。


本年も引き続きご指導くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

入社三年目を迎え、今年から後輩を指導する立場になりました。

後輩たちの手本となるよう、より一層業務に励む所存です。

本年も昨年同様のご指導の程、よろしくお願い申し上げます。

 

↑ちょっと硬めの文章ですね。

会社の先輩とどれだけ仲がいいかによって文章の硬さは
変わってきますが、これが基本形です。

ポイントは

・昨年の仕事のお礼を具体的に

・今年の抱負を具体的に

とにかく、この二つを具体的に書くこと。

「あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。」

こんな文章だけじゃ、いやいや出した感じが丸出しです^^;
必ず具体的に書きましょう。

 

 

会社によっては
もっとフラットな先輩・後輩の関係を築ける場合もあります。

その場合は、もっとラフな文章でも大丈夫です。

 

明けましておめでとうございます。

昨年はすごく楽しい仕事ができました!
これも○○先輩のおかげです。

今年はさらに仕事の成果にこだわっていきたいです。
お互い、脱メタボ会の会員としても成果を出したいですよね。

今年もよろしくお願いします。

 

明けましておめでとうございます。

昨年はプロジェクト終了までとても忙しく、
○○先輩なしではとてもあのプロジェクトを完走することは
出来なかったと思います。

本当に感謝しています!

今年は私が先輩を助けられるよう、さらに業務に励みます。

今年もよろしくお願いします。

 

↑ちょっとラフな感じですよね。

親しい先輩にはこれぐらいの幹事でもOK。

ラフな感じでダイジョウブかどうかは、普段の会話で判断しましょう。

親しい人に硬い文章で書くと冷たい印象を与えてしまうもの。

仲のいい人用の文章もきちんと考えて書きましょうね。

 

 

 

先輩と言っても、その人とどんな関係なのかで
文章のテイストも変わってきます。

決して硬ければいいというわけでもないんです。

先輩との関係をよく見極めて。

相手がもらってうれしい年賀状にしてくださいね。

 

『エッ、10万円もキャッシュバックがされるんですか?』

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1万円予算で買える高性能プリンター特集

ページ上部へ戻る