暑中見舞いに英語でメッセージ~先生に送る夏の挨拶の文例~

スポンサーリンク

暑中見舞いを英語で書こう!英語の宿題もこれでカンペキにできるよ♪

毎年、体が溶けそうな暑い夏が続きます。

楽しい学生時代の夏休みは思い切り楽しみたいものですが・・・

せっかくの夏休みを満喫したくても、
この暑さの中、体調を万全にするのは大変ですね^^;

 

そんな時、思いやりの心のこもった暑中見舞いをもらったら・・・
すごくうれしく感じませんか?

夏の挨拶状である暑中見舞いは日本の心と言ってもいいでしょう。

相手を気遣う言葉って、疲れた体にはとてもうれしいものなんですよ。

 

では、外国にはそんな習慣はないんでしょうか?

 

実は、外国にも暑中見舞いに似た「グリーティングカード」と呼ばれる
ものがあります。

学校の英語の先生から英語でカードをもらったことがありませんか?

私のいた学校には外国人の英語の先生がいて、
毎年、担当している学生には夏のグリーティングカードを送ってました。

 

ABC

 

最近は「英語で暑中見舞いを作る」という宿題もあるようですね。

いまでも英語の先生から夏の暑中見舞いをもらった、という学生さんがたくさんいます。

 

せっかく英文のグリーティングカードをもらったんですから、
ここは英語でお返事したいですね。

そんな方のために、「暑中見舞いにピッタリな英文例」
集めてみました!

夏の暑中見舞いを英語で書きたい方にぜひ参考にしていただきたいです。

 


スポンサーリンク


 

暑中見舞いを英語で書くならこんな文章で!

まず、日本語で言う「暑中お見舞い申し上げます」という文章を
英語に訳すと

 

Summer greetings to you.
(あなたへの夏の挨拶です)

Allow me to give my summer greetings.
(私の夏に挨拶をさせてください)

 

となります。
ちょっとニュアンスは違いますが、これで意味は通じます。

greetingsとは挨拶という意味ですから、日本語に訳すと
「夏のご挨拶をあなたへ」というニュアンスですね。

 

summer

 

日本の暑中見舞いでは「暑い中、毎日いかがお過ごしでしょうか」など、
相手の様子を聞いたり相手を気遣ったりする文章を入れますよね。

でも、この文章をそのまま英訳するとすごくおかしな感じになります^^;

ニュアンスの近い文章ならこちら↓

 

How is your summer vacation?
(夏休みはいかがお過ごしですか?)

In hot summer, do you spend it well?
(暑い夏ですが、元気に過ごしていますか?)

 

英語には敬語がないので、日本語訳するとくだけた感じになりますが
これで全く問題ありません。

 

そして、外国ではどちらかというと「夏を楽しんでね!」という
前向きなメッセージを発信することが多いですね。

なので、上の文章の後には

 

I hope you are enjoying the summer!
(夏を楽しんでね!)

Best wishes for the hot season!
(暑い季節をお楽しみ下さい!)

I wish you are doing well in these days of hot summer.
(この暑い日々、あなたが元気でいられますように!)

 

など、明るい感じの文章を入れましょう。

 

これらの要素をつなぎ合わせると

 

Allow me to give my summer greetings.
How is your summer vacation?
I wish you are doing well in these days of hot summer.
I hope you are enjoying the summer!

 

暑中お見舞い申し上げます。
夏休みはいかがお過ごしですか?
この暑い日々、あなたが元気でいることを願っています。
夏を楽しんでくださいね!

 

こんな文章になります。

日本の暑中見舞いとは少しニュアンスが違いますが、
これで立派な夏のご挨拶の出来上がりです!

 

 

いかがでしょうか。

英語で暑中見舞いというとかなりハードルが高そうに思いがちですが、
それほど難しい英文じゃなくても大丈夫!

夏休み、楽しんでますか?
体を壊していませんか?

という要素を入れるのがポイントですね。

日本の暑中見舞いとは一味違ったニュアンスのグリーティングカード、
ぜひ楽しみながら作ってみてくださいね。

 

 

『エッ、10万円もキャッシュバックがされるんですか?』

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1万円予算で買える高性能プリンター特集

ページ上部へ戻る