年賀状の書き方は例文を参考に!上司に出しても大丈夫♪

スポンサーリンク

年賀状の書き方は例文を参考に!~上司に出しても恥ずかしくない文章の書き方~

「さて、年賀状を作ろう・・・ カタカタ(*^-^)ヘ_/」

12月中旬になると、年賀状を作る人が多いですね。

早めに作らないとおっくうになって、大みそかに必至に作る・・・
なんてことになりかねないので^^;

なるべく早めに取りかかっておいた方がいいですよね。

私も12月中旬ぐらいには作り始めます。

 

年賀状を作っていて困るのが、会社の上司への書き方。

会社でお世話になっているので年賀状は出しておきたい。
でも、適切な文面が分からない・・・

そんなジレンマが^^;

上司との関係がうまくいっていても、やっぱり文面には
気を使ってしまうものなんですよね。

友達のように親しい文面で出すわけにはいかないです^^;

 

会社の上司には、礼儀をわきまえつつ
新年の挨拶と、今年の目標などを伝えるるのが◎!

↓ここに例文をいくつかのせておきますので、ぜひ参考にどうぞ!

文章一つで印象がぐっと変わってきますよ。

 

 

 

上司にウケる!年賀状の書き方・作り方

一般的な例文

旧年中は公私にわたってお世話になり、心より感謝申し上げます。
本年もご指導・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

↑これが一般的な例文です。

ですが、これだけだと非常に固い印象を与えます。

かなり年配の上司ならこれだけでもOKですが、会社の先輩や
親しくしている上司には、もう少し柔らかい文章を足します。

 

今年は入社5年目を向かえ、指導する立場になることが増えます。
先輩であることを自覚し、後輩にお手本となるよう、
業務に励んでまいります。

昨年は大きなプロジェクトを無事成功させることができました。
これもひとえに○○さんご指導のおかげと思っております。
本年も引き続き、ご指導いただきますようお願いいたします。

 

昨年のお礼や今年の抱負をつけたし、社会人としての自覚あふれる
年賀状にしましょう。

仕事への意気込みが見えると、上司は安心するものです。
あなたの印象がぐっと変わりますよ!

 

また、プライベートな報告を書いても構いません。
結婚・出産した方は、そのことに触れて決意を
書き込んでもいいでしょう。

 

昨年秋に待望の一子を授かりました。
父親としての責任を果たすべく、
より一層業務に力をいれていく所存です。


昨年は結婚をし、自分の家族ができました。
家族を持った重みを感じつつ、業務により一層励んでまいります。

 

家族を大切にしつつ、仕事を頑張る・・・
そんな決意が伝わってきますよね。

プライベートな情報は決してNGではありません。

仕事への思いとともに、家族を大事にする!
そんな決意を書いて送りましょう。

 

 

 

会社の上司に出す文はどうしても堅苦しくなりがち・・・

でも、堅苦しい定型文だけだともらったほうもがっかりしますし、
あなたの印象も残りません。

できれば手書きで、仕事への決意を書き足して。
プライベートな情報を入れても大丈夫ですから、
「今年も頑張ります!」という思いを自分の言葉で書いて送りましょう。

 

『エッ、10万円もキャッシュバックがされるんですか?』

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1万円予算で買える高性能プリンター特集

ページ上部へ戻る