年賀状の文例 恩師に久しぶりに出したい!心のこもった文章を

スポンサーリンク

年賀状の文例 久しぶりに恩師に出すなら?もらった先生を喜ばせる年賀状

年賀状っていろんな立場の人に出します。

会社の同僚・上司・友達・親戚・知人・・・・などなど。
お世話になった恩師にも毎年出してます。

それぞれに文例を考えたりするのがなかなか大変なんですが^^;
友人と恩師は同じ感じでは出せません。

恩師には少し硬くても
かしこまった文章で出すのが礼儀だと思いますね。

 

もし、久しぶりに町で恩師に出会ったりしたら、
ぜひ年賀状で挨拶しましょう。

「先日は某所でお会いして、大変うれしく・・・」

などと入れて年賀状を出せば、絶対に恩師も喜んでくれるはず。

そこから交流が深まったり、同級生との同窓会につながったりと、
うれしい効果につながることもあるんです。

↑私はホントにありました。
恩師と連絡を取り合うようになって、その恩師を呼んで
同窓会をしたりしましたからね。

少しご無沙汰をしている恩師にも、久しぶりに出してみましょう。

 

そんな恩師へ向けての年賀状文例を集めてみました。

失礼のないように、気持ちのこもった年賀状を。
そんな方はぜひ↓この例文からどうぞ!

 

 

 

恩師に出したい!年賀状の文例

恩師に出す例文

まずは、ノーマルな例文からご紹介します。

 

謹賀新年

先生におかれましてはお変わりなく、ご壮健の事とお慶び申し上げます。

私は20代最後の年を迎え、ますます仕事にまい進したいと思っております。
1日1日を充実させ、良い節目を迎えたいです。

新しい年がすばらしい年でありますよう、心からお祈り申し上げます。

 

明けましておめでとうございます。

幸多き新春を迎えられたこととお慶び申し上げます。

私は社会人になってもうすぐ三年になり、
近頃やっと仕事の面白さが分かるようになってまいりました。

今後ともよろしくご指導のほど、お願いいたします。

 

今年の目標を入れると社会人らしくていいですね。
学生の場合は、今年やり遂げたいことなどを入れると◎!

恩師ですから、「今年も頑張ります」という気持ちが分かるような、
そんな年賀状を出しましょう。

 

 

 

ご無沙汰している恩師に出す場合

必ず「ご無沙汰しています」という旨の一文を入れて。
いまの自分の状況と、先生への言葉を入れます。

 

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

ご無沙汰しておりますがお変わりございませんでしょうか。
私も今では二児の親になり、毎日忙しく過ごしております。

先生のような、心のこもった指導をしてくれる、
そんな指導者のいる学校が増えるのを切に願っております。

向寒の折、くれぐれもご自愛ください。

 

明けましておめでとうございます。

ご無沙汰しておりますが、先生はお元気にしていらっしゃいますか?

私は最近、高校時代の友人と集まっては昔話に花を咲かせたりして
楽しい時を過ごしています。

新しい年がすばらしい年でありますよう、心からお祈りいたします。

 

こんな感じです。

自分の近況を伝えると、先生も喜んでくれますので
ぜひ伝えましょう!

 

 

 

ご無沙汰している恩師に年賀状を出すのは
なかなか勇気がいるかもしれないですね。

でも、もらった先生は絶対に喜んでくれますから!

子供がいる場合は子供の写真入り年賀状などにしてもいいんです。

家族ができたことを報告しましょう。

 

 

『エッ、10万円もキャッシュバックがされるんですか?』

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1万円予算で買える高性能プリンター特集

ページ上部へ戻る