友人に出す年賀状の文例 もらってうれしい文章の作り方

スポンサーリンク

友人に出す年賀状には何を書く?~相手を気遣う一言でもらってうれしい年賀状に~

私が年賀状を一番たくさん出すのは「友人」です。

毎年必ず年賀状を書きますけど、友人への年賀状が
一番枚数が多いですね。

結婚している友人はなかなか会えませんし、
遠方に住んでいる友人もたくさんいます。

年賀状は大切なコミュニケーションツールでもあるんです。

 

そんな大切な友人への年賀状は、心をこめて書きたいもの。

定型文だけじゃ友達もがっかりしてしまいますからね^^;

必ず手書きでなにか一言書き足すか、
自分の言葉の文章を入れましょう。

 

では、友人に向けた年賀状は、どんな文章がいいんでしょう?

 

(^_^;)「長々と書く訳にもいかないよね」

そう、あんまり長すぎてもいけないでしょうね。

ポイントを押さえて、相手に喜ばれる文章を書きたいものです。

 

そこで、今日は友人への年賀状の文例大特集♪

長く会っていない友人へ向けて、心をこめて年賀状を書きましょう!

 

 

 

友人にピッタリな年賀状文例

定型文はこんな感じで書いているはずです。

 

明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。

 

これはこれで書いていてもOKですよ!
友人とは言え、年賀状は新年の挨拶ですから、そこはきちんと。

これ以外に、自分の言葉で文章を書き足すんです。

 

<目標・予定を伝える>

年賀状は1年の抱負を書くと相手に伝わりやすいです。

自分が目標としていることや、今年やりたいこと、
また今年の決まっている予定などを書きましょう。

 

今年は5kgダイエットしたいです。

3月ぐらいに引っ越す予定にしてます。

今年はそろそろ結婚しようかと思ってます。

 

などなど。
喜ばしいことはもちろん、引越しや転職などの予定を
相手に知らせても◎です。

予定を知らされると、相手の様子が分かってうれしいものですよ!
友人ですから、遠慮なく予定や目標を伝えましょう。

 

 

<近況報告>

長年会っていない友人には、すぐに近況の報告などができないですよね。

昨年から状況が変わることがあったら、
年賀状で近況を伝えましょう。

 

結婚しました!

家族が一人増えました~。

転職して引越しました!

 

などなど。
結婚や子供が生まれた報告は相手にすごく喜ばれます!
慶事は必ず報告しましょう♪

 

 

<相手を気遣う一言>

自分の報告だけでなく、相手を気遣う言葉も入れると
さらにうれしい年賀状になります!

 

お変わりありませんか?お仕事頑張ってるようですね!

最近はどんな感じですか?

ご家族にお変わりありませんか?

 

などなど。
家族がいる相手の場合は、家族を気遣う一言も入れましょう。

 

 

そして!
最後に必ず入れたいのが「相手の幸せを願う言葉」

 

よき1年になりますよう、心から願っています。

○○さんにとってすばらしい1年になりますように!

充実した1年を送ってくださいね。

 

などなど。
幸せを呼び込むような一言は、相手を安心させます。

気遣われてイヤな人はいませんからね!
年賀状でも心遣いをきちんと入れましょう。

大切な友人に、もらってうれしい年賀状を出してくださいね。

 

 

『エッ、10万円もキャッシュバックがされるんですか?』

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1万円予算で買える高性能プリンター特集

ページ上部へ戻る